SEOのホワイトハットとブラックハット

SEOの活用技術

あなたがホームページを製作しても、あなた以外の人にはその存在を知るすべがありません

そこで検索エンジンがキーポイントな使命を果たします。

そのシステムを心得して、自分のホームページに話題を集めることがSEO対応策と呼ばれています。

当然、SEOのこというのはずっと前から知っているという人も少なくないでしょう。

しかしながら、具体的にはどんな手順で自分のホームページへのアクセスを増やすのでしょうか。

単純なことです

検索帰趨で上の方に映されるようにすることによっていいだけです。

ただ、多くの人が同じことを考える目的でワールド中で競争となってきます。

どうすることによってSEOの上の方に映されるようになるのかを日夜考えている人たちが出てきました。

過当競争有り様となってきますから、SEOのシステムを解析して、そこから検索帰趨に結びつくシステムを考えることが勝利となってきます。

時代は流れて、現代の検索エンジンはかなり賢くなりました。

ただ、通常の人にはそれは心得出来ないため、Googleはホームページを創る時のガイドラインを提示することになりました。

そのガイドラインにしたがっておけば、特にな知識がなくても検索帰趨を上の方に表示させることが可能となってきます。

それがホワイトハットと呼ばれています

ホワイトハットは検索サイトが作った規則にしたがって創られています。

これにしたがわない人もいますが、そういった手法をブラックハットと呼びます。

ガイドラインを無視して、その裏をかく技能で上の方に表示させようと考えるのです。

ブラックハットには技キャパシティーが必要ですが、それはおススメ出来ることではありません。

SEOの問題

検索サイトで上の方に映されるようにする技能はSEOと呼ばれています。

ただ、SEO対応策をしていたとしても、同じことが多くのホームページでやっていますから、いずれは競争になります。

競争に負けないようにしようと多様な手段を利用してSEO対応策を実現することになりますが、裏技やSEOのデメリットを突くような姑息な手段に近づいていくことなるでしょう。

検索エンジンも対抗策を取っていますが、イタチこっごになってしまい、双方の労力が膨大な無駄となってきます。

これは大きな問題と言えるでしょう。

こんな事態に対して検索サイトがどんな対応をしているでしょうか。

ホワイトハットとブラックハットと呼ばれるホームページ製作の手法を知っているでしょうか。

検索サイトの代表と言えるGoogleはホームページ作製の為のガイドラインを公開しています。

この手順にしたがって製作することによって健全な形でSEO対応策を実現することが出来ます。

ホワイトハットはガイドラインしたがった手法であって、SEO対応策の正統な手順と考えていいでしょう。

これに対して、ガイドラインを無視した創り方も出来ます。

それをホワイトハットの反語としてブラックハットと呼びます。

日常生活で利用する言葉ではありませんが、ホームページを作製している人は知っておくべきでしょう。

SEO対応策が常識となっている現代ではもブラックハットの考え方を変えない人も少なくありません。

ただ、時代の流れとともに次第に淘汰されていくと考えていいでしょう。

それらのちがいを心得する必要はありません。

SEOとブラックハット

検索エンジンの歴史はSEO対応策とブラックハットへの対応の歴史とも言えるでしょう。

一定グレードの検索をしても健全なサイトは殆んどなく、裏技等のスパムを使ったサイトばっかりが映される状況がありました。

当時はブラックハットという呼び方はありませんでしたが、検索エンジンがそれらのシステムを解析して、スパムとして認識するようになるまでにはあまり時間を要していません。

SEO対応策を難しくしているのはホームページの内容を充実させることなく、利用者のアクセス数を増やそうとしている人たちがいるからでしょう。

ビジネス使途でも利用者が求めている情報を提供し、その帰趨として売り上げにつながることが健全な取引と言えます。

しかしながら、ブラックハット的手法によって、アクセスしてきた利用者を絡めとるような行為がいつまでも通用するこというのはないでしょう。

検索エンジンが提供しているガイドラインにしたがってSEO対応策をおこなうこというのはホワイトハットと呼ばれます。

ブラックハットの対義語です。

いずれにしてもインターネット上の情報は膨大であって、検索帰趨の全部を見るこというのは現実的ではありません

それによってに上の方表示に頼ることになります。

必要な情報を提供していることが検索エンジンの使命ですので、それによってにもホワイトハットが広がって行くことが検索エンジンにとってメリットになります

自分自身でホームページを作ったりSEO対応策をしたりしている人は、これらのシステムや流れを十分心得しなければなりません。