検索エンジンの関連キーワードとサジェストキーワードの違い

削除、非表示サービスについて

先ほど、関連キーワードやサジェストキーワードでネガティブな記載をされてしまったケースではの削除方式に対して対応策業者に依頼する方式を挙げました。

しかしながら中には弁護士削除をうたう誹謗中傷業者もいますので注意してください

依頼する前には「非弁行為」ではないかきちんと確認をしておきましょう。

本質的に、関連キーワード、サジェストキーワード等を法的なピントで削除申請するケースではには、弁護士しか出来ません。

誹謗中傷業者は法的な代理人というのはちがいます

本質的には弁護士しか法的な申請は出来ないので注意してください。

対応策業者が行なうのは、システム的に関連キーワード等を削除する対応です。

しかしながらありのままにはこれ程では対応が難しく、最終的には法的にピントを試みるやうです。

弁護士資格のない人が本人に代わって代理人申請を行なうこというのは違法行為です。

弁護士と対応策業者のちがいをきっちりと把握しておいて、的確に依頼を行うようにしましょう。

また弁護士による削除申請だとしても、依頼者から誹謗中傷業者、そこから弁護士に依頼しての削除申請となると、誹謗中傷業者が仲介をしたことになります。

報酬を受け取り弁護士を紹介することも非弁行為となり違法です。

誹謗中傷業者から弁護士に対しての委任状を書くように言われたら非弁提携の見込みもあるでしょうから注意してください。

弁護士への依頼は、直接依頼者が依頼することしか出来ません。

報酬を受け取り仲介業者が紹介するこというのは、弁護士法にて厳禁されていることです。

Googleサジェストの削除申請

自分自身でも関連キーワード、サジェストキーワードを直接削除申請することが出来ます。

例えばGoogleに対してです。

Googleでは、事実無根の名誉棄損になるようなサジェストキーワード、関連キーワードに対しては削除対応してくれます

削除申請のフォームがGoogleの援助ページにあるでしょうから、まずはそちらから自分自身で削除申請することをおススメします。

しかしながら削除申請を行うときには、初めの1回目が重大になりますので注意してください

何回も申請を行うと、Googleでは「既に回答済」として返信するようなシステムになっています。

何回も申請出来るわけではないため注意してください。

削除申請を自分自身でするこというのはできても初めのたいせつな1回で削除理由を明確に記載する自身がないケースでは、法的な知識もある方がいいため、弁護士に相談することをおススメします。

サジェストキーワード対応に慣れている弁護士ならば、私たちというのは相違どんなワードのケースでは、削除に応じてもらえるのかも経験上知っているとおもいます。

弁護士の0円相談会等を利用してまずは事前に削除可能かどうか聞いてみるといいとおもいます。

削除申請を行う際には、法的な知識が必要となってきます。

そもそも権利が侵害されるワードなのかどうか、関連キーワード等どのワードが法律に触れそうなのかどうか、その相違が素人には分かりません。

確実に削除してもらう為には、弁護士に相談、あるいは弁護士に代理で削除申請を行ってもらうのが確実だとおもいます。

まとめ

今までお話してきたように、関連キーワード、サジェストキーワードを上手に使えば、自分のブログサイト等へのアクセスアップ、アフィリエイト等での集客アップ等を図ることができて便利です。

関連キーワードサジェストキーワードは、Google、Yahoo!等利用する検索サイトによって映されるものにちがいがあることもわかりました。

またパーソナルコンピュータからの検索、スマホからの検索等によっても映されるものにちがいがあることもわかりました。

多くの人がネットから情報を獲得する現代では、サジェストキーワードに映されること、検索帰結の上の方に映されるこというのは大切なことです。

サジェストキーワードや関連キーワードとしてよく使われるワードを自分のサイトにいっぱい使うことで、検索帰結の上の方に映されやすくなり、より一層多くの人に見てもらいやすくなるとおもいます。

特にタイトル、見出し等に使うと上の方映されやすくなります。

多くの人がクリックする関連キーワード、サジェストキーワードなどの情報は、取得ツールを利用して情報収集しておくと便利です。

特に広告等を出さないブログではは、大切なSEO対応策となってきます。

関連キーワード、サジェストキーワードを使うことで、多くの人にクリックしてもらえるサイト運営が出来ると言うメリットがあります。

しかしながら逆にその手がるさによって、ネット上で自分が悪質な被害にあうことも十分にあり獲得するのです。

ネット上にサイトをアップしている以上、いつ自分がそういった目にあってもおかしくはないと言う自覚を持ち、もしものときのどんなふうに対応策をおこなうべきなのか知っておきましょう。