検索エンジンの関連キーワードとサジェストキーワードの違い

業者へ依頼するメリット

ネガティブな記載を関連キーワード、サジェストキーワードにされてしまったケース、対応策の1つとして対応策業者へ依頼したケースいう手法があります。

ここでは対応策業者へ依頼して関連キーワード、サジェストキーワード対応策を行なうケースの持つメリットとデメリットに対してお話します。

まずはメリットに対してです。

<メリット>・随一の持つメリット、それはスピード対応してもらえることにあります。

いつ対応策をしてもらえるのか分からない検索エンジンサイトへの申請というのはちがい、費用が生じる分、相手もお勤めですのでスピーディに対応してくれると思います。

特にGoogleというのはちがい更新頻度の沢山Yahoo!関連のケースには、3日くらいで対応策してもらうことが出来ます。

・業者から提出されるレポートによって順番動向を知ることが出来る。

日々の順番動向をレポートしてくれる業者が増加しています。

日々の関連キーワードでの順番動向が分かるため助かります。

クラウド上で閲覧出来る形で提供されるケースと、エクセル等の媒体で提供されるケースがあるやうです。

・依頼したキーワードというのはちがいますが、同じようにネガティブな記載をされたケース、キーワードを確認して教えてくれる。

業者によってますが、対応策前に「悪徳」と映されていたものが、対応策後に「ブラック」と違う形で再びネット上に記載されてしまったケースに連絡をくれます。

自分たちだけで常に確認をしているこというのは不可能ですので、気が付けないことも沢山のですが、業者が確認してくれていると早めに発見できて対応策を行うことが出来るというメリットがあります。

業者へ依頼するデメリット

引き続き、対応策業者へ関連キーワード、サジェストキーワードにネガティブな記載をされてしまったケース等の対応を依頼するケースのデメリットに対して案内したいとおもいます。

<デメリット>・随一のデメリットは費用が生じることです。

自分自身で検索エンジンへ削除申請を行なう等対応策が出来れば、費用は発生しないため、やはり一番大きな相違はお金がかかるということだとおもいます。

・対応策収穫がだせないこともある。

依頼する対応策業者によって相違ますが、収穫がだせないこともあります。

対応策業者によって収穫率というものも違ってきます。

対応策業者としても対応策をしてみたけれど、検索エンジンサイトへも削除依頼してみたけれど収穫がだせないということもあるのです

業者との契約の際にも言われるとおもいますが100%達成した場合いう保証はありません。

それでもお金を払わなければいけないのかと心配な人は、収穫報酬プランのある対応策業者に頼むようにした場合いいとおもいます

自然のことですが、契約する前によく契約内容をちゃんと確かめるようにしましょう。

・対応策業者によって対応に相違があること。

ネット上でのやりとりとなるため、中にはまったく連絡がとれなくなってしまう業者がいたり、レポート提出がすごく遅かったりする業者も沢山ようです

依頼する業者を見極めるのがかなり難しいというのはおもいます。

評判等を参照に慎重に見極めて、関連キーワード、サジェストキーワードの風評被害から身を守るようにしましょう。