検索エンジンの関連キーワードとサジェストキーワードの違い

サジェストキーワードの削除

自分がネットの検索ウィンドウに入力したキーワードに対して連動映されるのが「サジェストキーワード」です。

検索の効率を向上させるもので、多くの人に検索されている需要の高い関連キーワードとはギャップます。

自分自身で全部のワードを考えて入力する手間もなく、趣旨の分からない単語で検索されることもなく、検索効率が上がるため多くのサイトでサジェストシステムを導入しており、サジェストキーワードが映されるようになっています。

Googleのサジェストシステムでは、従来10個映されていましたが、2017年8月の調査時点では8個表示とギャップがあります。

関連キーワード、サジェストキーワードの表示が当たり前になってきた近頃では、これらによるトラブルも増加しています

プライバシー侵害、名誉棄損などの理由で裁判になるケースもあります

個人の名前を入力したら、サジェストキーワードに全く身に覚えがない犯罪行為が映されたやうです。

この人は削除を要求するため裁判をしました。

判決は検索表示の差し止め、損害賠償をGoogleへ命じるものでした。

事実ではないことが、サジェストキーワードとして映されてしまうことで、それを見た人は事実だと誤解してしまいます。

また犯罪歴等それが事実だとしても、それがサジェストキーワードに映されることは、プライバシー侵害になります。

関連キーワード、サジェストキーワードは楽なシステムですが、こみたいに悪い方向へ働いてしまうこともあります。

もしも自分がトラブルに巻き込まれてしまったら、速やかに削除申請をサイトに行ってください。

しかしながら対処してもらえないときには、弁護士等に相談して法的措置をとることをおススメします

弁護士に頼むと必ずしも裁判になるわけではなく、任意交渉を行って削除申請してもらえることもあるため、まずは相談してみましょう。

中にはサジェスト削除をうたっている誹謗中傷業者もいます。

弁護士以外は削除申請の代理人になることは出来ないので騙されないように注意してください。

更新頻度

今まで、関連キーワード、サジェストキーワードの更新頻度に対して書きました。

しかしこれはGoogleやYahoo!等から正式に発表されたものではありません。

あくまでも更新頻度を個人的に確かめた人の調査リザルトによるものです。

その為調査した人によって更新頻度のリザルトに差異があります。

GoogleとYahoo!の関連キーワード、サジェストキーワードの更新頻度に対して、次のような調査リザルトを記載していたサイトがありました。

参照までにお知らせします。

Yahoo!のサジェストキーワードは、原則として1日1回更新、(調査中1日2回更新されたこともあった)。

Yahoo!の関連キーワードは、原則として1日1回更新。

Googleのサジェストキーワードは、1ヶ月に2回、つまり2週間に1度のペースで更新。

Googleの関連キーワードは、1年に4回、つまり3ヶ月に1度のペースで更新。

こんな風に、Yahoo!とGoogleでかなり更新頻度に差異があると言うリザルトが記載されていました。

Googleの関連キーワードはかなり入れ替わる周期が遅いです。

しかし複合検索率は80%とかなりクリック率が高いと言われています。

Googleは場所性が考慮されないので全国共通の表示となっています。

Googleのサジェストキーワードは、場所性が反映されています。

その為検索する場所によって表示がチェンジしてきます。

例えば「焼き肉店」等場所性を考慮した方がいいものに関連しては近頃地情報等からその場所に適した情報を表示してくれます。

これに対してYahoo!では、関連キーワードもサジェストキーワードも全国共通と言う差異があります。

Googleの関連キーワード対策

Googleで映される関連キーワードとサジェストキーワードに関連して、ネガティブな記載をされてしまった際の対策に対してお話します。

関連キーワード、サジェストキーワードから削除される目的では主な方式は3つあります。

Google以外のサイトでも、申請先等若干相違はあるものの本質的な対策は同じになるとおもいます。

大きな相違はないため是非参照にしてみてください。

1.広告をだす。

とにかく広告をだすと多くの人にクリックして見てもらう機会を増やすことが出来ます

こうすることによって自然な検索回数を増やし、情報量を増やすことが出来るため、今まで記載されていたネガティブな記事を上書きして消すことが出来ます。

しかしながら広告をだす為にはお金が必要ですので、かなり予算は必要になってしまうとおもいます。

しかしながら広告をクリックしてもらうことでおショップの売り上げをUPすることも出来るため一石二鳥だとおもいます。

個人で各サイトに広告を依頼した場合いう方式もありますが、コンサルティング会社とかに頼むと新聞等を始めとして多くのメディアに取り上げてもらえる方式もあります。

2.直接Googleに削除申請をする。

自社に対して「悪徳」「ブラック」「詐欺」等あきらかに悪意のある関連キーワード等が映されるケースではには、直接申請した場合いう方式もあります。

費用をかけることなく対応してもらうことが出来ます。

必ず消してもらえるという保証はありませんが、ありのままにに削除してもらえたという会社はいくつもあるようです。

3.対策業者へ依頼する。

Googleでの関連キーワード、サジェストキーワードの対策は、Yahoo!等他の検索エンジンに比べて対策が難しいと言われています。

それは更新頻度がわずかという理由やシステムが複雑という理由からです。

これによって常に検証を重ねている対策業者へ依頼した場合いう方式が安定した収穫を得られる方式だとおもいます