検索エンジンの関連キーワードとサジェストキーワードの違い

Amazonサジェストキーワード一括DLツール

大手ネットショッピングサイトの「Amazon」では、サジェストキーワードを一括ダウンロードすることが出来るツールを提供しています。

こちらは関連キーワードというのは差異、Amazonサイト内で映されるサジェストキーワードを利用したものです。

Amazon内でよく利用される検索キーワードを一覧表で表示し、それをCSVスタイルにて容易に一括ダウンロードが出来るというものです。

他の関連キーワードの取得ツールというのは差異、こちらはAmazonサイト内での検索ワード候補を元にしています。

サイト内だけなのかとおもうかも知れませんが、Amazonには多くの利用者がいます。

今どんなものが求められているのか旬の情報を知ることが出来るとおもいます。

また自分の検索をかけたいワードに関係する言葉が映されるため、映されたワードの中から選べば入力の手間を省くことも出来ます。

ミスタッチを減らせて入力も楽になります。

候補ワードは定期的に入れ替わります。

Amazonを利用する利用者が頻繁に検索する言葉が候補となるため一定期間でワードが入れ替わるのです。

一回のハンドリングで容易にキーワード候補を表示できて、それをまとめて一括ダウンロード出来るためハンドリングもたいへん容易です。

ネットストアーでの品物選びの際やECサイトでコンテンツを製作するときなどの参照になるとおもいます。

「Amazonサジェストキーワード一括DLツール」の利用やり方はたいへん容易です。

Amazonが提供している一括ツールのサイトを開きます。

画面の中央に「キーワード」を入力する欄があります。

そこへ知りたいキーワードを入力し、検索ボタンを押すだけです。

早速に候補キーワードの表示がされます。

表示後は画面に映されている「CSV取得」というボタンをクリックすることで、ダウンロードすることが出来ます。

Yahoo!関連キーワード

Yahoo!関連キーワードは、Yahoo!サイトでキーワード検索した場合きに入力したキーワードと組み合わせ映されるキーワードのことです。

検索回数が沢山ものを機械的に集約したデータを元にして表示しています。

Yahoo!サジェストキーワードは、Yahoo!でよく検索されるキーワードの入力候補を入力欄に表示するもので、関連キーワードというのはちがいます。

関連キーワードは検索実り画面の検索入力欄のすぐ下やページの下の方に映されます。

サジェストキーワードは、検索入力を行なうボックス内に入力の際に補助的に映されるというちがいがあります。

関連キーワードはより一層詳しく検索したいとき、再検索の補助を行ってくれるシステムです。

Yahoo!関連キーワードは、検索する人にとって便利で知りたい情報を導いてくれるシステムです。

知りたいことをより一層詳しく知りたいとき、なんと検索をかけたらいいのか分からないとき等たいへん役に立つシステムです。

Yahoo!関連キーワードが映されるシステムに対してお話します。

Yahoo!では、Yahoo!のサイト内で検索回数の沢山関連語句を順に表示しています。

いくら関係しているワードでも、まったく関心のないものを表示してもクリックしてもらうこというのはできません

検索している人に、今多くの人に検索されているキーワードをお知らせするシステムになっているのです。

パーソナルコンピュータからだけでなく、スマホ等から検索された検索回数も集計対象となっています。

Yahoo!関連キーワードの更新される頻度は1日に約1回から2回だと言われています。

昼に1回、夕方から夜中に1回くらいのペースで行なわれているやうです。

Yahoo!関連キーワードではスパムフィルタを仕組んでいます。

関連キーワードを意図的にハンドリングできないように防御しているシステムです

例えば自分のおストアーのサイトを多くの人に閲覧してもらうために検索数を意図的に増やして関連キーワードやサジェストキーワードに表示しようとする人がいるかも知れません

こうした不自然な検索回数が関連キーワードに反映されないように阻止するシステムが働いています。

これは検索する側にとって、たいへん信頼のおけるシステムだとおもいます。

Yahoo!サジェスト

先ほどの関連キーワードというのは差異、この度はYahoo!が提供しているサジェストキーワードに対して紹介します。

Yahoo!サジェストは、Yahoo!で検索をかけると検索ウィンドウに入力したワードに関連の深い語句を予測して表示するシステムです。

サジェストキーワードというのは差異、オートコンプリートと呼ばれることもあります。

Yahoo!関連キーワードと差異、Yahoo!サジェストでは、検索回数で大半が映されるシステムになっています。

あくまでも予測として映されるしかないワードです

Yahoo!が正式にサイトを表示しているわけでもありませんから、サジェストキーワードから進みクリックしたサイトが実在しないときもあります。

一時的に多くの人に検索されて盛り上がったしかない果てが映されているケースもあります。

Yahoo!サジェストの更新頻度も、1日に約1回から2回おこなわれているやうです。

しかしながら全部のキーワードでサジェスト表示があるわけではありません。

関連キーワードと同様にYahoo!サジェストにもスパムフィルタシステムがあります。

これによって意図的に検索果てがハンドリングされるこというのはありません。

異常な検索回数は無視をして、自然な検索回数だけを候補としてみなしているやうです

関連キーワード、サジェストキーワード、Yahoo!ではどちらも検索使用者にスムーズに検索を行ってもらうため表示しています。

万が一、特定の個人や専門業者等に対して悪質なキーワードが映されてしまったケース、Yahoo!に直接申請を問い合わせフォームからおこなうと削除してもらうことも出来るやうです。

それでも消えないときには専門の業者に相談したケースいいやうです。