検索エンジンの関連キーワードとサジェストキーワードの違い

関連キーワードの取得

アフィリエイト等を行う上で、関連キーワード、サジェストキーワードを利用することはかなり大切なことです。

多くの人が検索している語句を入力しておくことで、閲覧数を大はばに増やすことが出来ます。

例えばアフィリエイトをしている人が記事製作を行なうケース、まずはメインワードを決めます。

次に関連キーワード、サジェストキーワード等を検索して今トレンドのワードを探します。

次に記事製作に取り掛かりますが、このとき記事のタイトルと記事内容に検索してわかったにニーズの高い関連キーワード、サジェストキーワードを投入するようにします。

関連キーワードとサジェストキーワードには大きな差異はありますが、アフィリエイト等で多くの人に閲覧してほしいケースに利用するケースにはどちらを利用しても大丈夫だとおもいます。

ここでは、関連キーワードを取得する方式に対して紹介したいとおもいます。

メインワードを決めたら、本質的には関連キーワードは自分自身で考えなくても大丈夫です。

Googleなどのサジェストシステムを利用して取得します。

検索エンジンの検索ウィンドウへメインキーワードを入れます。

メインキーワードの後ろにスペースを投入したケースでは、キーワードがずらりと映されます。

上の方表示から検索ボリュームが沢山順となっています。

今多くの人に見られているニーズの高いキーワードを知りたいときには、これ程で容易に知ることが出来ます。

検索する側にしても、メインワードを入力してその先自分が調べたいことがはっきりと分かっていないときでも、関連キーワード等が映されれば、自分の調べたかった語句がはっきりと分かっていなかったケースでもそこから探すことが出来るため楽です。

スペースではなく、次に続く言葉も決まっていれば、スペースの後ろに次の一言葉を入力したケースではより一層調べたい関連キーワードを知ることが出来ます。

しかしながら毎回毎回言葉入力を一言葉ずつ行っていくのも大変です。

そこで一気に検索出来る取得ツールの利用がおススメです。

GoogleとYahoo!では関連キーワードの取得方式は同じですのですが、映される果てに差異は出てきます。

それは個々の検索エンジンを利用している人の差異によるものです。

関連キーワード取得ツール

ネット上で多くの人に見てもらう、集客を行なうには関連キーワード、サジェストキーワードを選定することが重大なポイントとなってきます。

関連キーワードは検索結論表示画面の上下に映されるもの、サジェストキーワードは、入力候補として検索窓上に映されるものというちがいはありますが、どちらも多くの人が利用するものです。

ネット上で調べ物を行うときに、はっきりと自分の調べたい言葉を把握している人はわずかです。

なんとなく分かっているけれどよく分からないことを検索するケースが沢山ため、なんと検索したらいいのか迷ってしまいます。

そういったとき検索の助けになる関連キーワード、サジェストキーワード。

ネット上で集客を見込む為には、逆にこれらに映される大好評ワードを入力することによって、多くの人に見てもらうという発想が必要です。

関連キーワードを取得するのに楽なツールがいくつかあります

ここでは大好評のツールを紹介していきます。

・「good keyword」→GoogleやBing内のサジェストシステムのなかで映される関連キーワードが一括取得出来るツール。

・「ubersuggest」→good keywordと同じでサジェストシステムのなかで映される関連キーワードを取得出来るツール。

・「キーワードアドバイスツール」→SEO対応策用のキーワードが見つけられる関連キーワードの発掘ツール。

フェレットが提供していて、0円会員登録を行うことによって利用出来ます

検索数、検索推移も分かるため楽です。

検索結論をCSVモデルにてダウンロードも出来るため活用し易いです。

・「キーワード発想ツール」→他のツールと少しばっかりちがい、使い手が検索したキーワードの次に検索される関連キーワードを表示します。

類義語を探すシステムもあるため、多様な関連キーワードが探せます。

関連キーワード取得ツールその2

引き続き関連キーワードを取得出来る評判ツールを紹介していきます。

関連キーワードを知ることで、サジェストキーワードとして評判のワードも予想することが出来ます。

・「Yahoo!関連語ツール」→GoogleとYahoo!では映される関連キーワードにちがいがあります。

このツールでは、Yahoo!に映される評判の関連キーワードを検索することが出来ます。

Yahoo!の検索エンジンを利用している利用者を対象としたSEO対応策をしたい人におススメです。

・「グーグルキーワードプランナー」→先ほどのYahoo!というのはちがい、これはGoogleが提供している取得ツールです

関連キーワードに対して検索数も表示してくれます。

リスティング広告ではの予想クリック単価も分かります

利用するにはGoogleアカウントを取得する必要があります

・「グーグルトレンド」→特定キーワードに関連して検索推移を知ることが出来ます。

合わせて関連キーワードの表示もあるため楽です。

・「ヤフーキーワードアドバイスツール」→ヤフーのプロモーション広告へ登録をおこなうことで使えるツール。

パーソナルコンピュータ、スマホ、タブレット等デバイスごとの検索数も分かります。

・「rishirikonbu.jp」→関連キーワードが表示出来ます。

より一層SEOで1位に映されたケースの予想アクセス数も知ることが出来ます。

あくまで予想ですが、対応策を行なう前にどれくらいアクセス数をとることが出来るのかあるくらい予想することが出来ると言う点で他のツールとちがいがあります。

・「kizasi.jp」→他のツールと少し違っていて、多くのブログでよく利用されている関連キーワードが探せるツール。

サジェストキーワードを知る上でも役にたつとおもいます。