検索エンジンの関連キーワードとサジェストキーワードの違い

SEO対策の重要性

ブログなどのSNSを行っている人にとってSEO対応策はたいせつです。

少しばかりでも多くの人に検索してもらう為にも、SEOキーワード対応策をしておく必要があるのです

SEOキーワードと言うのは、関連キーワードやサジェストキーワードのことです

あなたのブログへのアクセス数がなかなか増えないケースに考えられる理由には次のようなものがあります。

・検索ワードでは上の方にあなたのブログが映されないから。

・上の方映されていたとしても関心をもってもらえずクリックされないから

インターネットで情報を閲覧するケース、多くの人が関連キーワード、サジェストキーワードを利用して検索します。

その為検索結末の上の方に映されれば、それだけ多くの人に見てもらえる機会が増加するわけです。

関連キーワードとサジェストキーワードのちがいはあっても、どちらも検索の際に映されて、それを利用して検索する人が沢山こと言うのは確かです。

また誰も検索をしないようなキーワードを設定していて、そのSEOキーワードで例え検索1位になっても、それはアクセス数が増加することにはならないのです。

多くの人が検索をかけるような言葉で、検索結末の上の方に映されること、それがアクセス数を増やす最もたいせつなことですのです。

現実にによく検索されるSEOキーワードを調べておいて、そのキーワードを中心とした記事を書くことで検索上の方に映されやすくなります。

また上の方に映された後、クリックしてもらう為には、関心を引くタイトルにしておくことがたいせつです。

タイトルに関連キーワードなどを含ませておいて、自分が調べていることが書かれた記事であると言うことを分かるようにしておくと、クリックしてもらえる見込みが高くなります。

こみたいに、関連キーワード、サジェストキーワードは具体的にはちがいがあってもどちらも検索結末に大きく影響を与えることが分かります

GoogleとYahoo!の違い

Googleでは、Googleの関連キーワード、Googleのサジェストキーワード表示があります。

Yahoo!では、Yahoo!の関連キーワード(虫眼鏡キーワード)、Yahoo!のサジェストキーワード表示があります。

これら4部類のギャップについて見ていきます。

同じ関連キーワード、サジェストキーワードですが、GoogleとYahoo!の検索では、検索結論にギャップがあります

それは、各個がキーワードを表示するシステムが違っているからです。

GoogleのサジェストキーワードとYahoo!のキーワード入力補助(サジェスト)では、システムはほぼ同じです。

しかしながら表示される結論が微妙に違ってきます。

それは、各個のサイトを利用している使い手のギャップから起こることです。

年齢、性別等検索エンジンを利用する使い手層のギャップによって微妙に表示結論が変化してくるのです。

Googleの関連キーワードとYahoo!の関連キーワードのギャップは、元になるデータのギャップが挙げられます。

Yahoo!のケースには、直近の短期間のデータを元にして関連キーワードを表示しているみたいです。

それに対してGoogleのケースには、長期的なデータをもとにして関連キーワードを表示しているみたいです。

こんなシステムのギャップによって表示されるキーワードにもギャップがあるのだと思います。

正式に発表されている内容ではないため、正確には分かりませんがおそらくそうだろうと言う推測の話です

常々利用している検索エンジン以外でも検索をしてみると、よく検索されるキーワードが分かると思います。