検索エンジンの関連キーワードとサジェストキーワードの違い

関連キーワードとは

インターネット上で調べたい語句を検索したケースきに、検索結実の下部等に映される、検索したワードに関係しているキーワードのことを「関連キーワード」と言います。

検索した語句と関連性のある関連キーワードを表示することによって、より一層検索したいケースではにあらためてワードを入力する手間を省くことが出来ます。

本質的には、検索したワードにプラスしてもう1つの語句が連なり2語以上の複合語が映されます。

しかしながら中には検索したワードは含有されていないケースではもあります。

関連キーワードは、利用する検索エンジンによって映される立地にちがいがあります。

例えばGoogleのケースではには、検索結実画面の下の方に関連キーワードが映されます。

Yahoo!のケースではには、検索画面の最上部、より一層最下部にも関連キーワードが映されます。

Yahoo!では虫眼鏡のアイコンの横に関連キーワードが映されるので、虫眼鏡キーワードとも言われます。

こうした関連キーワードは、あるくらいの人数の人が現実に検索をしている、よく検索されるキーワードが映されています。

多くの人がインターネット上で調べている事柄を知ることが出来るのです。

関連キーワードは、自分自身で語句を検索する際に楽なだけでなく、コンテンツを利用する上でも大切な使命を果たしています。

現在では多くの人が日常的に利用するブログ、Twitter等のSNSでは、関連キーワードはとても大切です。

数多くのコンテンツがある中で多くの人がキーワードで検索を行っているので、たくさんの人に見てもらう為にも狙ったキーワードでは検索上の方で映されるように記事を創る必要があるのです。

検索上の方を目指す為には、初めからこの関連キーワードを中心に考えて記事を製作する必要があるのです。

関連キーワードとよく比較されるもので「サジェストキーワード」というものがあります。

サジェストキーワードもコンテンツ製作の上で大切なポイントとなってきますが、関連キーワードというのはちがいますので注意して下さい。

サジェストキーワードとは

関連キーワードと似ているけれど違うものとして比較されるのが「サジェストキーワード」です。

「サジェスト」というのは、英語でニッポン語訳は「提案する」です。

つまり検索するときに入力したキーワードに対して、そのキーワードへ続く言葉を提案するもので、予測ワードです。

関連キーワードは、多くの人が検索している大好評のキーワードが映されていて、サジェストキーワードは、パーソナルコンピュータが予測したキーワードが映されているというギャップがあります。

サジェストキーワードでは、入力している途中から予測してキーワード候補を表示してくれますから、今入力している単語の続きを入力する手間を省いてくれることもあります。

あるいは自分が調べようと思っていたキーワードと比べると、いい候補のキーワードが映されて、よりよろしいワードを見つけ易いというメリットもあります。

サジェストキーワードは、あくまでも入力候補として映される言葉です。

自分が近頃検索した言葉が映される等、利用しているパーソナルコンピュータ、スマホ等でよく利用する言葉を中心として表示します。

関連キーワードとの大きなギャップはここにあります。

サジェストキーワードは、検索ボリュームに関係なく利用しているパーソナルコンピュータ、スマホ等の環境要件に大きく影響を受けてしまうということですいつも自分が使用しているパーソナルコンピュータを使えば、常々からよく自分が利用するキーワードばっかりが映されてしまうため、わずかボリュームのキーワードが映されてしまう見込みもあります。

サジェストキーワードの特徴としては、次のようなものが挙げられます。

・検索ボリュームが沢山順に映されるわけではない。

・検索するときに利用する端末の環境要件や位置情報等によって表示にギャップがある。

・時事ネタ等瞬間的に検索されたものも反映する。

・自分が今までよく入力したキーワードが反映する。

サジェストキーワードは、同じキーワードを投入してもそのときに時事ネタ等を反映することもあるため数日後には違う表示が出ることもよくあります。