スマートフォンでアプリが使える理由

スマートフォンアプリの基礎知識

スマートフォンでアプリが使える理由

いっぱいのアプリケーションケーションが今は存在していますが、そのアプリケーションケーションは何故スマホで使えるのでしょうか。

スマホで利用されているOSにはソースコードが有りますが、そのソースコードが大抵に公開されている事が背景に有る様です。

ソースコードが公開されている事で、そのソースコードに適応したアプリケーションがいっぱいつくり易いという事なってす。

これはスマホ自体の見込みを広げている事になるとおもうのです。

OSというのはオペレーションシステムを略した言葉で、容易に言うとアプリケーションケーションを動かす為のソフトという事になります。

ですのでOSが無いとアプリケーションをインストールも出来ませんし動かす事も出来ないのです。

OSは1部類だけじゃありません。

何部類か部類が有りますし1つのOSによってもバージョンが有ります。

それごとにアプリケーションが対応しているかしていないかというのも有るのです。

全てのOSに対してアプリケーションが動くという事ではないという事です。

そういったアプリケーションですがどうやって製作されているのでしょうか。

創るお目当てでは先ずどんなアプリケーションをつくりたいかを想像して構想します。

そしてdocomoのスマホのOS、iPhoneのOS等、つくりたいOSに対応させる様にアプリケーションのプログラムを作製していくのです。

つまりOSの中身が分からないとアプリケーションのつくり様がないという事にもなります。

近頃ではそう言う感じでいっぱいのアプリケーションが造られていますし、容易に入手も出来る様になっています。

OSの公開がされる様になった事、それによってアプリケーションがいっぱい造られる様になってきたという事、こうした事からスマホは次世代携帯電話として確立されつつあるのです。

スマートフォン購入時に気を付ける事

今からスマホをオーダーしたいと思っている人も結構いるでしょう。

スマホをオーダーしたらアプリケーションをダウンロードして色んな事がしたいとか考えている事でしょう。

そこでオーダー時に気をつけたい事を挙げてみたいとおもいます

先ず気を付けたい事は外部メモリーに対応しているかどうかという事です。

スマホはちっちゃいパーソナルコンピュータという位置付けだとしても良いかも知れませんが、パーソナルコンピュータとスマホの大きなギャップはハードウェアの箇所だとおもいます

パーソナルコンピュータにはメモリとハードディスクが有りますが、スマホ自体にはメモリが有るけれどもハードディスクは存在しないのです。

メモリの箇所を少しばかり借りてハードディスクの様に対応させているのです。

そう考えると大量のデータはスマホ内に保全しておく事が出来ないという事になります。

もし大量のデータを保全する必要が有るのであるのなら、外部メモリー等、他の媒体に記憶出来るかどうかが大きなカギとなってくるでしょう。

一定グレードの携帯電話のSDカードの様な物と考えてくれれば良いでしょう。

SDカードの様な外部メモリーが使えるとアプリケーションは別としても、画像、音楽ファイル、動画と言ったデータは外部メモリーに記憶しておく事が出来るのです

そして外部メモリーが有ると容量を気にせずに色んな事が可能なようになります。

いっぱいになったら差し替えればまた新たに使用する事が出来るからです。

今はSDカードも安いですので気軽にオーダーする事が出来るでしょう。

スマートフォンの使い勝手

インターネットとスマホの合わせて挙げてみたいとおもいます。

スマホでアプリケーションを利用してゲームをしたり、アプリケーションを利用して色んな事をしたりしたケースおもいますが、結局はちっちゃいパーソナルコンピュータがスマホだとおもえば良いのだとおもいます。

インターネットを制限が殆ど無く使えて、色んなアプリケーションケーションが使えて、というのをパーソナルコンピュータで出来ますよね。

富士通、NEC日立、SONY等、色んな作製企業からパーソナルコンピュータが売り出しされていますよね

しかしながらどの作製企業のパーソナルコンピュータを買うか決める時に、光やADSLやCATVと言った通信手段で決めたりはせずにすよね。

どの作製企業のパーソナルコンピュータをオーダーしたってインターネットは出来る訳ですので通信回線がどうだって関係ない訳です。

こうした事と同じ様にスマホを選択する時にも通信会社がdocomoだってsoftbankだって関係ないわけです。

何故ならスマホ自体は何処の会社のスマホだってシステムには大差ないからです。

例えばパーソナルコンピュータで野球ゲームがやりたいとしたケースでは、ゲームソフトをインストールすることで良いですよね。

インストールするパーソナルコンピュータは何処のパーソナルコンピュータだって関係ないわけです。

スマホだって野球ゲームがやりたいケースではは野球アプリケーションをインストールすることで良いわけですので、iPhoneだって何だって関係ないわけです。

つまりスマホの会社とデザインが違うだけで出来る事は何処のスマホだって関係ないという訳です。