iPhoneの存在

スマートフォンアプリの基礎知識

iPhoneの存在

iPhoneがニホンのスマホをリードしたという位、名高い物だとおもいますが、一定グレードのスマホと比較してiPhoneはちょっと異質な感じがするスマホだとおもうのです。

スマホのOSとしてはWindows Mobile、Google Androidというのが主に有ります。

マイクロソフトで手掛けているOSがWindows Mobileですよね

これを採用したスマホは東芝等、マイクロソフトじゃない会社のスマホに採用されている様になります

つまりOS、スマホの機種は別々の会社が作っていて、合わせて1つのスマホとして成立する訳です

以来も分かる様に、ハードとソフトは全く別のシステムによって造られている事がお分かりになるとおもいます。

ですのでハードはハード、ソフトはソフトで別々のカテゴリーで向上していく事なってす。

しかしながらiPhoneに対してはOS、機種、両方に対してApple社が手掛けていますので、ちょっと特殊という事になりますよね。

アプリケーションに関連してもiPhone専用のアプリケーションが有ったりもします。

しかしながら特殊というのは言いつつもニホンではiPhoneを持っている人が凄く多く、スマホの代名詞的な機種になっているとおもいます。

この現象はニホンだけじゃなくってワールドではもシェア率は沢山と言いますから凄い現象だとおもいます。

これはiPodの評判も後押しされているとおもいます

そう言ったゆえんだとしてもスマホは凄く特殊で関心深いものだという事がお分かり頂けるとおもいます

iPhoneは何処に向かっていくのでしょうか

iPhoneは特殊なスマホではないかとおもいます。

凄い評判のiPhoneですが、以後進行していく所は特殊で画一されたITではないかとおもいます。

スマホ自体、採用されているOSのソースコードが公開されているお目当てで、そこから発展を遂げてきたと言われています

より一層色んな業種や専門業者に付随して色んな物が向上、発展していく見込みも秘めているのです。

つまりパーソナルコンピュータに備わっていたシステムがスマホへとチェンジしていっているという事になります

パーソナルコンピュータが安定した時代を築きあげたのもWindowsが成長した事が有り、パーソナルコンピュータにはWindowsという図式が確立されたのです。

それと同じ事をスマホだとしても確立したく、色んなスマホのOSがその座を狙っているのです。

だとしても、Apple社に関連しては何となくその競争に参加していない様に感じます。

パーソナルコンピュータだとしてもマッキントッシュが有りますが、それはそれという感じで自分の道を行っていますよね

iPhoneに関連しても同じで、売れればそれはそれで良いけど、より一層売れるお目当てで何かをサービスしたケースかそういう競争を行なうとか、そういった事はしない、自分達は自分達という様な感じがするのです。

だからこそ「タッチパネル」なんて言うオリジナルの発想が出来たのかも知れませんよね。

それにアプリケーションもあんなにいっぱい売り出しされ、使えるアプリケーション、そうじゃないアプリケーション等多様なアプリケーションが現出るようになったのかも知れませんね。

スマホは以来どういう方向に進行していくか分かりませんが、どう進行して行ったにしろiPhone自体は今の地位やスタンスを崩さずに我が道を行くのだとおもいます。