目の下のクマ、お化粧などで隠してごまかしていませんか?

 

今までと違う、全く新しい発想のアイクリーム「アイキララ」

 

アイキララ

 目の下のクマを取る「アイキララ」の詳細はこちら

 

 

目の下のクマを、今までみたいに、コンシーラーの厚塗りなどで、ごまかすのではなく、

 

目のクマの原因を根本から解消させる事に着目した、目の下のクマを取る「アイクリーム」なんです。

 

『その場しのぎ』のアイクリームでは無いので、ビックリ!するくらい評判になっています。

 

(アイキララは、あまりに人気になってしまった為、一時期は生産が追いつかなかったようですネ。)

 

モンドセレクション金賞受賞の「アイキララ」

 

寝不足や目が疲れてきたりすると、一時的に目の下にクマが出来たりしますね。

 

しかし、だんだんと年齢を重ねてくると一時的ではなく、加齢による「目のクマ」が現れてきます。

 

これは、加齢により目の下の皮膚がやせて薄くなってきて、
内側の血液や筋肉が透けて見えやすくなってくることにより、影を作りやすくなっているのが原因なんです。

 

ですから、コレを正常化させれば「目の下のクマ」を改善することが出来るわけです。

 

正常化させるには、コラーゲンが必要になってくるわけですが・・・・

 

今、人気になっている目の下のクマを取る「アイキララ」は、
従来型のアイクリームなどのように、コラーゲンを外側から塗るだけの『その場しのぎ』の対策ではなく、
肌のリズムを正常化させて、コラーゲンの産生を促進させることに主眼を置いているんですね。
(ちなみに、「産生」とは、細胞で物質が合成・生成されることをいいます。)

 

「アイキララ」に配合されている【MGA】というビタミンC誘導体の一種が、
コラーゲンの産生を促進させて、加齢で失われつつある、<ハリ>と<弾力>を覚醒させ、
健康的な肌色に見えるようにさせるのです。

 

根本の原因を、改善させていく。ということですね。

 

【アイキララ (EYE KIRARA)の成分内容】
水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン
ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7
パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン
アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール
コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

 

なんといっても、驚きなのは、「アイキララ」使用者の8割以上の方たちが効果を実感した!と言っていることです。

 

 

この目の下のクマを取るクリーム「アイキララ」という商品に自信があるからでしょう。

 

使用後でもOKな【全額返金保証】が付いています。

 

このアイキララ、発売直後は売れすぎてしまって、生産がまにあわなかったようです。
以前は、手元に届くまで1ヵ月半〜2ヶ月くらい待っていたようですョ。
現在では、生産体制も整い、落ち着いたようですが。

 

権威ある医学誌【医学と薬学】にも掲載され、話題になる「アイキララ」

 

目の下のクマを解消するアイクリーム『アイキララ』が
1979年創刊の権威ある医学誌「医学と薬学」(73巻11号2016年11月)に掲載されました。

 

この医学誌「医学と薬学」は、豊富な医学・薬学の情報を掲載し大学、病院など医療関係者などが広く活用する業界専門誌です。

 

気になる方は、書店にでも行って手にとって読んでみてください。

 

化粧品の場合、ファッション誌・美容誌へ掲載されることはよくありますよね。
しかし、医学誌に掲載されることは本当に珍しいことです。

 

それだけ、このアイクリーム『アイキララ』の試験結果が良い。ということなのでしょう。
アイキララは、目元のたるみが原因でできている目の下のクマに効果があるようです。

 

 目の下のクマを取る「アイキララ」の詳細はこちら

 

 

 

目のクマとひとくちで言っても、
目のクマには大きく分けて、黒クマ・青クマ・茶クマの3つのタイプに分けられます。

●黒クマ
黒クマの原因は、目の周りの皮膚や、目袋の部分がたるんだり、むくんだりすることで出来た影で、黒く見えるようになってしまいます。
加齢によって進んだたるみやむくみ、小じわによってよけいに目立ってしましますね。
目のクマの悩みの中で一番多いのではないでしょうか。

 

●青クマ
青クマの原因は、血行不良による目の下のクマです。冬は乾燥しているためクマができやすいんです。
血行不良による目の下のクマは、目の下の皮膚が特に薄いためにクマのようなって見えます。
また、冷え、生活習慣やホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や疲労、ストレス、目の疲れなどが原因になってクマになってしまいます。

 

※黒クマも青クマも、コンシーラーでは隠すことは難しく、メイクで隠そうとして厚塗りをすると余計に目立ってしまいますョ。

 

●茶クマ
茶クマの原因は、主にシミ、くすみ、色素沈着などでメラニン色素と糖化物質によるもの。
これは、つまり、洗顔やクレンジング、メイク、マッサージなど際の圧力、摩擦なんですネ。
美容を意識しすぎて、目の下をあまり触ることが多くなり過ぎると茶クマが出来てしまいます。

 

インターネット上に散らばる色々なサイトでは、
アイキララは、黒クマ・青クマには効果があるが、茶クマには効果が無い。とか
いやいや、アイキララは、茶クマにも効果がある。とか・・・・

 

茶クマは、色素沈着によるものだから美白化粧品が良い。とか
美白化粧品だけではダメ!とか・・・・

 

色々言われていると思いますが・・・

 

目のクマは大きく分けて、黒クマ・青クマ・茶クマの3つのタイプに分けられてはいますが、
加齢と共に徐々に黒クマ・青クマ・茶クマらの複合型になり、
そう単純には、きっちりと分けられない。という現状の方が多いのではないでしょうか?

 

また、理屈では、説明のとおりなのかもしれませんが、人間の肌質というのは人それぞれです。

 

いくら口コミや評判が良い商品であっても、あなたのお肌に合うかどうかは分かりません。
ですから、これを言ったらみもふたも無いのかもしれませんが、
実際のところ、あなた自身のお肌で試してみるしかありません。
あなたのお肌(生活環境や生活習慣を含めた)は世界に一つしかないのですから・・・・。

 

そうはいっても、信用の無い、へんな商品は使いたくないのも事実ですよね。

 

ということで・・・・

 

つい先日、権威ある医学誌【医学と薬学】にも掲載され、話題にもなった「アイキララ」と
テレビCMなどしていないので、それほど有名ではないかもしれませんが、
徐々に知名度が上がっている、口コミでは大変評判の良い「ビーグレン」を試してみることをおすすめします。

 

じゃあ、「アイキララ」と「ビーグレン」はどっちが良いの?

 

・・・と聞かれたら・・・

 

どっちも!

 

って、どこかのコマーシャルみたいですが・・・

 

 

はっきり目のクマの種類が分けられる場合は、理論上は、
アイキララが効果を実感しやすいのは、皮膚痩せによる目の下クマに対してですので、
アイキララが効果が実感しやすい目に下のクマは、「黒クマ」や「青クマ」。
そして、
茶クマは、シミ、くすみ、色素沈着によるものが主な原因ですので、ビーグレン。
が効果を実感しやすいでしょう。

 

と言うことになるのですが・・・・

 

様々な要因が複合しているので、一概には言えないかもしれません。

 

さて、あなたにとってはどうなんでしょうか?

 

 

そして、気になるところのアイキララとビーグレンの口コミ、評判ですが・・・

 

あの大手口コミサイトのアットコスメでのアイキララとビーグレンの口コミ、評判は賛否両論です。
当然、肌質に合った方は評価が高いですし、合わなかった方は評価が低いですね。

 

これはますます、実際にあなたのお肌で実感してみるしかないようですネ。

 

アイキララには、「お試しコース。」
ビーグレンには「トライアルセット」がありますので、気になる方は試してみて下さい。

 

ちなみに、アイキララもビーグレンも通販専用商品ですので、
自宅近くの薬局やマツキヨなどのドラッグストアでの取り扱い店舗はなく、市販はされていません。

 

インターネット通販ではどうかというと・・・・
アイキララは、アマゾンでは販売されていません。
アイキララは、楽天では販売されていますが、「お得なコース」がありません。

 

ビーグレンは、アマゾンでも楽天でも販売されていますが、
やはり、お得な「お悩み別セット」や「トライアルセット」もありません。

 

お得に購入するなら、それぞれの「アイキララの公式サイト」「ビーグレンの公式サイト」でどうぞ。

 


 アイキララのことをもっと詳しく知りたい方はこちらへ

 

 


 ビーグレンの目元のケアについてもっと詳しく知りたい方はこちらへ

 

目の下のクマの悩み、早く解消しちゃいましょ。